兵庫県氷上郡久下村、谷川2086番地
   
   昭和生まれ

   桧皮業と農業に携る家系
  
   昭和三十一年三月十五日 山南中学校卒業

         三月十八日 叔父{前田光夫}上久下村、畑内へ弟子入り

   叔父{前田光夫}の親方、京都老舗 (故)渡辺順之助氏である。

   親方から3年半年修行し{前田光夫}・京都{渡辺氏}・岐阜{田中氏}・和歌山{谷上氏}・丹波{村上氏}
   
   丹波社寺屋根工務店など、桧皮揃え、柿板仕立て、現場にて桧皮屋根葺き・柿葺屋根葺きに従事
   
   京都御所、国宝、重要文化財、茶室、屋根工事の従事実績あり他社との共同作業等に貢献させていただき
   
   ました後に独立。
   実兄 桧皮「原皮師」 村上岩雄 平成27年4月30日 逝去 享年89歳
   桧皮納入先(社)全国社寺屋根等保存会会員 丹波社寺屋根工務店・友井氏・永井正夫氏・滋賀県の業者様
   村上道夫(銅柿桧皮)屋根請負業での個人営業
 
   昭和51年3月 近畿社寺工芸を設立、現在に至る。
近畿社寺工芸{創設者}村上道夫 経歴
沿革
横スクロールで観覧下さい。
村上道夫
昭和36年3月6日 京都{上賀茂神社}渡辺順之助氏、請負
横スクロールで観覧下さい。
重要文化財{京都}上賀茂神社、拝殿
村上道夫「20才」
昭和三十六年九月二十二日
桧皮、柿葺業の前田光夫に弟子入り
学生服姿の少年が 創設者、村上道夫です。
京都{老舗}故、渡辺順之助氏の作業場にて
昭和三十六年九月二十二日
昭和三十六年九月二十二日
昭和三十六年九月二十二日
重要文化財{京都}上賀茂神社、拝殿
昭和三十六年九月二十二日
重要文化財{京都}上賀茂神社、拝殿
昭和三十六年九月二十二日
重要文化財{京都}上賀茂神社、拝殿
昭和36年(軒付け裏板)を割っているところ。
画像が大きい為
横スクロールで閲覧ください。
重要文化財{京都}上賀茂神社、拝殿
重要文化財{京都}上賀茂神社、拝殿
渡辺順之助氏、請負
重要文化財{京都}上賀茂神社、拝殿
昭和37年12月5日 京都{下鴨神社}渡辺順之助氏、請負
重要文化財{京都}上賀茂神社、拝殿
昭和三十六年九月二十二日
重要文化財{京都}上賀茂神社、拝殿
重要文化財{京都}上賀茂神社、拝殿
昭和三十六年九月二十二日
重要文化財{京都}上賀茂神社、拝殿
昭和三十六年九月二十二日
重要文化財{京都}上賀茂神社、拝殿
昭和三十六年九月二十二日
重要文化財{京都}上賀茂神社、拝殿
高野山 真言宗{瑠璃寺}桧皮葺工事・前田光夫請負
村上道夫、桧皮葺屋根工事を手掛ける。