檜皮{原皮師}技術者による檜皮採取
地上高、二十メートル以上を目指しての桧皮採取。
樹齢八百年の桧からの桧皮採取に挑む
落下を恐れない忍耐と根性の重要性

右側横スクロール配置
樹齢二百年以上の檜へ箆入れ作業
原皮{幅九寸の枠揃え}
樹齢百年以上の桧に登っています。
伝統を守る為には欠かせない技術者{命を懸けて檜皮採取する貴重な存在
檜に登るロープは{通常13m〜18m長}を使用、樹齢が大木の場合                       32mロープを使用しています
檜皮採取(原皮)剥ぎ取り工程
檜皮採取に使用する{箆}自家製 
右側横スクロール配置
桧皮{二尺五寸・丸皮}結束
右側横スクロール配置
桧皮{二尺五寸・丸皮}結束
伝統を守る為には欠かせない技術者{命を懸けて桧皮採取する貴重な存在}
{箆}を製作する為の元木
樹齢二百年以上の桧の皮を簾の状態にした作業です。
桧の枝を蔦って登っている様子
原皮師の技術者が大多数であった「山南町」!!
檜皮採取の技術者
私は近畿社寺工芸の後継者です。本業は社寺・茶室等の屋根葺及び彫刻に従事しておりますが、檜皮葺用の資材確保にも全力を尽くしています。全国的に檜皮を採取する技術者不足の現状であり、私自身は非常に厳しい訓練を貫き自分独自の技を考案して現在では樹齢250年以上の桧に登り地上高は25m以上になる事もあり落下の危険性も高い。自分で剥ぎ取った檜皮で屋根を葺き神様・仏様の建物を守るという心があるからこそ危険性を承知で檜に登り資材の大量確保に努力を尽くし、今後ともに気持ちを引き締め日本の伝統を次世代へ継承するという事が弊社並びに、私自身の責務であると同時に誇りであります。檜皮採取の技術を高齢で退職された(原皮師)から見事な技を克服していると労いの言葉をいただきました。
 
剥ぎ取った檜皮は連続して垂らしている工程
桧の枝を蔦って登っている様子
桧の枝を蔦って登っている様子
桧皮{二尺五寸・丸皮}結束
桧皮{二尺五寸・丸皮}結束
伝統を守る為には欠かせない技術者{命を懸けて桧皮採取する貴重な存在}
伝統文化継承・技と心
桧皮採取の基礎「簾剥き」
原皮師の基本{切り落とし}作業。
桧皮{二尺五寸・丸皮}結束