近畿社寺工芸施工
槻下神社 本殿 {銅板葺工事}
槻下神社は鳥取県東伯郡に位置する 拝殿は
 第一期工事で以前は瓦葺の屋根であり経年変化に伴い屋根小屋組みの損傷部分を大々的に改築及び修復し銅板葺での工事を行い優美な屋根の曲線を生かす事ができた。
なお第二期工事の本殿は屋根葺き替え工事前は柿 葺屋根に鉄板(塗料塗り)の覆い屋根でありました。本殿の屋根を解体すると小屋組み及び化粧になる部分の損傷が多く見られ今回の工事では建物の歪みの矯正、補強も行ない建物本来の造りを損なわずに拝殿・本殿{銅板葺}営繕工事を完了し竣工することができ宮司様をはじめ総代様、氏子の皆様に感謝いただきました。
銅板葺営繕工事完了
銅板葺 仕上げ完了、架設足場撤去
唐破風「棟鬼」を取り付け前の工程
破風箕甲「銅板軒付け」
破風箕甲野地
大屋根「平地・軒・野垂木」木工工事
本殿「母屋桁 改修」
拝殿工事竣工後 本殿{第二期工事}施工
銅板葺営繕工事完了
本殿「背面の様子」
破風箕甲葺・箱棟銅板包み作業
本殿「行」銅板軒付け
本殿「架設足場工事」
平葺野地・破風箕甲野地
本殿「母屋桁 解体工事」
鳥取県 {槻下神社 本殿} 改修銅板葺工事